忍者ブログ

アニメ、ジャンプ、ラジオを見聞きしながら、現在進行形で思った事を綴ってます(ある意味ツイッターに近いかも?)。 たまに日記も書きますが、とかくネタバレありまくりなので、嫌な方はお戻りくださいませ。
<<  < 920919918917916* 915* 914913912911910 >  >>

行ってきました…世紀の一大イベントへ!
こんなに幸せだった日は、ほぼ一年前の聖地巡礼以来でしょうか…?
とにかく、私自身の思い出を残す意味でも、日記をつけることにします。

まずは朝6:30頃に家を出発。
名古屋駅で7:10発ののぞみに乗車、一路東京へ。
本当はもっと遅い時間に行けばいいやと思ってたんですけどね。
物販が11:00~であるという事前情報があった事がまず一つ。
それと、先着でなくなったらお終いというイベント限定品があるとの事だったので。
これはもう一刻も早く並んでおかないといかん、と判断したワケです。

8:56東京到着、急いで東京メトロ丸ノ内線・東西線を介して九段下駅へ。
2番出口から北の丸公園へ移動、目的地に着いた事を確認。
…大きいんですね、武道館って。
いや、充分に分かってたつもりだったんですが、実際に見ると圧倒されます。
だいたい入り口の門からして…ああいかん、話が進まん。

97f897f9.jpeg










この時は色々感慨に耽るのは後にして、とにかく急いで入園。
歩いて歩いて、武道館の正面で物販の場所を発見。
…まだ準備中でした。時間前なので当然ですが。
で、見まわしたところ行列が無いので「あれ?」と一瞬思ったんですが。
よくよく見ると武道館の2階外側に何やら蠢く人々が。
やっぱり並んでるなと思った時、案内の人の声が聞こえてきたので誘導に従って。
最後尾のプラカードのあるところへ行きました。
…人、人、人。この時、既に千人以上は確実にいたのではないかと。
自分なりにできるかぎり早く来たものの、正直言って不安になってしまいました。
欲しいものが売り切れになってしまいやしないか、と。

待つ事80~90分ほど、物販開始を10分早めるとのアナウンス。
実際に10:50から列が動き始めたものの、速度はかなり遅め。
(ちなみに、この時私の後ろにできていた行列は、どう見ても前にいるより人数多かった)

延々とノロノロ前進し、ようやく物販場所が見えたのが11:30くらいだったかな?
そして辿り着いたのが確か12:00くらいだった、と思います。
いずれにせよこの時点で売り切れは一つも無かったので、無事に欲しいもの+αはゲット!
あはは、予定に無いものまで買ってしまった…この金欠の時に。
でもいいです、らき☆すただから許す。

bdb68aad.jpeg




  会場限定・京アニセット。




9932d667.jpeg


   5000円以上購入で貰える特典袋

   書籍1000円以上で貰える限定ポストカード





356e76b6.jpeg

  ソーセージ

  マウスパッド

  扇子




c0fa697e.jpeg



  イベントパンフレット






76a50e5a.jpeg



  パン缶(葡萄パンだけ会場限定)






2b0284a0.jpeg

  会場限定・マフラータオル




561ae780.jpeg

  饅頭

  タペストリーB



fdfa4219.jpeg


  パズル






で、この時点で開場まで約3時間。
その間は一観光客に変身し、あちこち写真を撮ってました。
実際に花見客や観光客が山ほどいましたからね、特に目立つ事はなかったです。
…手荷物がちょっとアレでしたが、まあ同類も周囲に山ほどいたので。

一般の方々は、らき☆すたの看板や行列などを珍しげに見ていましたが。
中でも特に目立ってたのが、駐車場のあちこちにあった「痛車」!
自動車だけでなく自転車まであったのには驚きでした。

8b417680.jpeg








81e43979.jpeg








8448b35f.jpeg








71ae0f9b.jpeg








ef80dc4c.jpeg








32366cb7.jpeg








0fcf4962.jpeg








15386e61.jpeg








251eb98a.jpeg








8e369435.jpeg








f928ce34.jpeg








752effea.jpeg








0da8924d.jpeg








a970e3a7.jpeg








85f5c91b.jpeg








bc787739.jpeg








41460387.jpeg







9ab1854e.jpeg








73d6f0bb.jpeg








8b37a378.jpeg








629e93aa.jpeg








c63d55cc.jpeg








b248800a.jpeg









同類の人たちが写真を撮りまくってたので、私もいそいそと混ざりました。
やってみたいとは思わないけど、一種の憧れみたいなものがあるんですよねー。
なお、撮影がへたくそなのは見逃していただけると有難いです。
それと、もしも写真の掲載に何か問題がある場合は即座に連絡ください。
迅速に対応いたします。

大体撮りたいものは撮って、そろそろ昼食でも取ろうかという13:30頃。
物販場所の前を通りかかったら、「会場限定の~~は売り切れました」のアナウンス。
買い物が済んでからほんの1時間弱で、もうそんな状態に。
まだ開始から3時間足らずだというのに、大した盛況ぶり。
しかもその時点で、まだまだ行列は続いていて切れる気配すら無し。
出発時間を早めておいて良かったと、心底ホッとしました。

いよいよ開場時間、とはいっても20分ほど早めたようでしたが。
座席指定であるにも拘らず、結構な行列ができてたせいかな、と思います。
そうそう、いつの間にか正面入り口には多くの花輪が飾られていました。

836be252.jpeg








5e3ff0ee.jpeg








81b6e8b9.jpeg








c3d45d74.jpeg








36a76953.jpeg








d31f34ad.jpeg








e566440a.jpeg










本当は他にも沢山あったんですが…ちょっと色々あって撮れませんでした。
残念。

花輪を撮った後、二階席の人専用に設けられた入口へ。
入る時に入場者限定の紙袋を頂いて、遂に会場内へ!!
中身は多数のチラシと紅白のうちわでした。

45c60b54.jpeg








851c1632.jpeg







1a5a327f.jpeg








386447e3.jpeg







760a1356.jpeg







6ac68ef9.jpeg






9ef202d6.jpeg





6278b67d.jpeg










0daa870f.jpeg









1f80290a.jpeg







 

…本当に、実際に入ると全然違いますね、写真で見るのとは。
広さと規模にドキドキしながら、自分の席へ。
2階席のスタンドサイド、東U-34。かなり急勾配の高い位置。
でも正直、思ってたより悪くない席だったように思います。
ステージは完全にらき☆すた仕様、モニターにイベントのロゴが映され。
らき☆すたのBGMが流れておりました。

16:10、こなたによるイベント進行における注意事項の説明。
ずいぶんと長くって、時々その事で文句が出ていました(笑)
最後の方は早口で挑戦してましたが、あまり変わらなかったような…?

16:25、今度はあきら様によるイベント進行における注意事項の説明。
こなたの時よりキツめの文句が入ったり、時々白石の声が聞こえたり。
でも極めつけは、イベントタイトルを「あきらのためだから」とお言いになった事。
あの時は会場中から笑いが漏れて…楽しかった♪

16:34くらいだったかな?会場が暗くなっていよいよイベントスタート!
今回のイベントはらき☆すた紅白歌合戦と銘打たれておりまして。
メインの人たちで紅白に分かれ、歌の優劣を競い合うというものでした。
チーム分けは以下の通り。

紅:応援団長・あきら様、メンバー代表・こなた。
メンバーはゆたか・みなみ・ひよりん・パティ・そうじろう・かなた。

白:応援団長・白石、メンバー代表・かがみ。
メンバーはつかさ・みさお・あやの・ななこ先生・ゆい姉さん。

残念ながら、みゆき(遠藤綾)さんはお仕事で欠席。
そのため、人数に一人分偏りが…これだけは本当に残念でした。

まずは両組の応援団長が登場、イベントの概要を説明。
この二人の掛け合いはいつ見ても楽しいですp(^^)q

さあ、まずは紅組から。

①泉こなた(平野綾さん) 曲目:宇宙鉄人キョーダイン

いやー…いつぞやこなたも言ってた、”最初はこれ!”ってヤツなんでしょーか。
まさか生で聞く機会があるとは…。
ところでこの時、プチハプニングが。
本当は歌ってる途中でそっとチョココロネを取り出し、食べながら歌うはずだったのですが。
歌い始めた時にポロっと足もとに落下。…。
予定の時にさっと拾い上げたものの、ちょっと不自然な事に。
かなり遠い私の席からも、何かが落ちたの見えましたからね。
アリーナの人たちには思い切り見えてた事でしょう。
この事件?については本人も語っていましたが、動揺する事なく進めたのはさすがでした。

さて、ここからはちょくちょく間に団長方による紹介などが入るものの、ほぼノン・ストップ。
次々と両組のメンバーが出てきて曲を披露して下さいました。
みなさん衣装も各キャラをイメージしたものになっており、素晴らしい仕上がりでございました。

①柊つかさ(福原香織さん) 曲目:寝・逃・げでリセット!

②泉こなた(平野綾さん) 曲目:どんだけファンファーレ

②柊つかさ(福原香織さん) 曲目:しすたー・うぉーず

③ゆたか(長谷川静香さん) 曲目:みにまむテンポ

プチハプニング・そにょ2。
長谷川さん、終盤で緊張が度を超えてしまったのか、感激のあまり泣けてきてしまったようで。
2番の終わりがけから曲の終わりがけまで、ほとんど嗚咽で声が出せておりませんでした。
いくらリハーサルやってても、その時は我々観客はいませんからね。
武道館という大舞台でもある以上、人として無理もないと申せましょう。
しかしあれですね、実際のゆたかでもそうなりそうな気が凄くします。
そういう意味ではこれも萌え要素の一つ?
頑張れーという声援も飛んで、少し和やかな雰囲気になりました。

③柊かがみ(加藤英美里さん) 曲目:100%?ナイナイナイ

④田村ひより(清水香里さん) 曲目:も、妄想マシーン。

④日下部みさお(水原薫さん) 曲目:すげえんだって・ヴァ!

びっくりしました、水原さんが陵桜の制服(夏)を着て出現したので。
髪もみさお風になっており、かなり高レベルのコスになっておりました。
似合ってたなぁ…いや、ホント。

⑤岩崎みなみ(茅原実里さん) 曲目:黙っと休み時間

⑤日下部みさお(水原薫さん) 曲目:だよな3秒たまには5秒

この時は…団長たちや茅原さんが迫り出した花道に来ていて。
ステージ中央に水原さんがいるにも関わらず、光が当たらず暗くて。
3人が何か背後にいる気がするけど気のせいとか言って去ってしまって。
その後に歌い出してようやくスポットが当たるという、しょーもない演出でした。
背景コンビの片割れというのも、中々に面白い役回りでf^_^;

⑥パトリシア=マーティン(ささきのぞみさん) 

 曲目:こすぷれノこころえ

ささきさんが歌い終わった後、あきら様がなぜか赤いジャージに。
紅組だからという事でしたが…なぜに今さら?という気がちょっとしました。
ちなみに白石は、最初から白い紋付き袴。

⑥黒井ななこ&成実ゆい(前田このみさん&西原さおりさん) 

 曲目:結婚なんてさパッパヤー

⑦泉そうじろう(平松広和さん) 曲目:女はヨメとムスメだけ

⑦背景コンビ(水原薫さん&相沢舞さん) 
 
 曲目:背景放題やりほーだい?

今度はこの二人が、陵桜の制服(冬)で登場。
やはり小道具も完璧な高レベルコスであり、本当に女子高生がいるようでした。

⑧泉かなた(島本須美さん) 曲目:幸せ願う彼方から

まさか、まさか島本さんのような大御所を、直に見る機会があろうとは。
物凄い栄誉に預かった気分でした…m(__)m

ハイ、ここで第1部終了、休憩に入りました。
何やらあきら様が「疲れた」とのたまい、続きを始める気になったらとか仰ってましたが。
とはいえ、ものの10分ほどだったように思います。

次は歌合戦はひとまずおいておいて、らっきー☆ちゃんねる。
あきら様コスの今野さんと、学生服の白石。
いつぞやのOVAの時と同じでしたが…なぜかいきなり土下座の白石。
まあ何というか、実に笑いを誘うやり取りの後に白石が一発芸をやる羽目に。
面白かったら本番に移行する、という事で。
…一回目は見事にハズしましたが、声援が飛んでもう一度チャレンジ。
それで何とかあきら様のお許しが出ましたので、いよいよ本番へ。

今回はゲストとのトークがメイン。
次々と出てくるゲストを相手に、進行していきます。

①武本康弘監督。

そう、いきなりらき☆すたの監督が来たのです。
プレゼントがあるというので、それを見せてもらう事になりました。
それは、欠席している遠藤綾さんからのビデオメッセージ。
どうもアフレコの仕事が入っていたようで、非常に残念がっておられました。
メッセージ終了後、監督が例のエンディング撮影時の裏話を披露。
実は、今野さんが三十路岬を歌い上げた撮影の時。
色々終わって帰ろうとした際、帰りのバスが消失していたそうです。
実はお腹の空いたあきら様が、食べ物を買いに乗せてってもらっていた、と。
…そんな話の最中、タイマーが鳴ったので監督は強制退場。
何でも今回のトークは時間厳守なんだとか。

②平野綾さん・島本須美さん・平松広和さん。

言わずと知れた、泉家の3人を演じる方たちです。
少しでしたがキャラとしての会話を披露していただけて、感激の極みです。
何せ本編中ですら無理でしたから。
他にも3人のコロネの食べ方など、色々なお話を聞かせていただきました。

③加藤英美里さん・福原香織さん。

無論、柊姉妹でございます。
双子をイメージしたお揃いの衣装で登場し、可愛くポーズを決めておられました。
このお二人を見るのは住民投票の時以来でした…。

④立木文彦さん・くじらさん。

そう、本編で名もない男女を全て演じていたお二人です。
このお二人を生で見るなど、おそらくもう二度と無いのではないかと思います。
特に立木さんはパワフルな方で、終始喋りまくってました。
オファーが来た時に各々「男役です」「女役です」と言われ、かなり混乱したとか。
そりゃそうですよねぇf^_^;

⑤後藤邑子さん・杉田智和さん・小野大輔さん。

言うまでもなく、ゴットゥーザ様・杉田店員・白石の代理だった小野だいすけ、です。
後藤さんは特攻服にバイクの前部分の模型、そしてエクスカリバー(木刀)持参。
杉田さんはそのまんま、店員のカッコウで(怪しげなマスク着用)。
そして小野さんは…ビシッと真っ白の正装で本編時のカッコウのまんま。
御三方とも見事なコスで、文句のつけようがなかった…。
小野さんはセバスチャン風味で会場中の女性陣から黄色い声援を浴び。
杉田さんは某ガンダムのMr.ブシドーを匂わせて(以下同文)。
後藤さんは思う存分本音を語り…と、とても騒がしい数分間でした。

④⑤ですっかりあきら様は振り回され、お疲れムード。
白石もそれは同じでしたが、次の方たちでだいぶ持ち直しました。

⑥ケロロ軍曹・渡辺久美子さん・佐藤順一監督。

ほかでもない、本編にも少し友情出演していたケロロの関係者たち。
今公開中の映画の宣伝に来たのでした。
…着ぐるみと中の人が一緒にいるというのも、中々に面白い光景でしたね。
佐藤監督の要望で、会場にいる9千人全員で「ジーク・ケロン!」
人数が人数なだけに、その有様は相当なものでした。
渡辺さんも喜んで号令をかけて…うーん凄かった。

さて、長かったらっきー☆ちゃんねるもそろそろ終わり、なはずだったのですが。
「ちょっと待ったぁー!!!」と、驚いた事にアニメ店長が乱入。

そう、兄沢命斗こと関智一さんの出現です。

これにはさすがに意表を突かれました、まさか一ヶ月後に再びお会いしようとは。
そういえば乱入の瞬間、何だか白石がバンバン机を叩いてたように思います。
あれはかなり面白がってるように見えたなあ…。
勢いで「アニメ店長」をアカペラで熱唱するなど、あきら様大迷惑。
被害者なのに白石が責任を被せられ、丁重に退場を命じさせられるなど見所満載でした(大笑)
花道でわいわいやっていた時、ステージ奥に平野さんが突如出現。
伝説の少女Aを見つけてしまった店長は、今度こそ買い物をさせるべく追っていきました…。

ここで本当に第2部終了、またもや休憩。
しかしここまで面白いと、どこまでが台本でどこがアドリブなのか判断し難い(-.-;)

そしてラスト、第3部の最初を飾ったのは。

⑨小神あきら(今野宏美さん) 曲目:三十路岬

きちんと着物に着替えて登場、姿にも声にもかなり気合が入っておりました。
ホントに凄い、以上の形容詞が思いつかない…。

⑧白石みのる(白石稔) 
 
 曲目:俺の忘れ物・かおりんのテーマ・恋のミノル伝説

何と3曲連続、さすがに半端ない持久力をお持ちです。
なぜかにゃもーを抱えて登場、2曲目からは階段の途中に。
にゃもーに見守られつつ、途中で暑くなって上着を脱いで、熱唱いたしました。
…もう、こなたとは別の意味でらき☆すたの顔です、あの方。

⑩泉こなた・パトリシア=マーティン
 
 (平野綾さん&ささきのぞみさん) 


 曲目:コスって!オーマイハニー・悠長戦隊ダラレンジャー

こちらも2曲連続…みなさん、ラストスパートをかけてきてます。
さすがにハルヒとみくるのコスはしてませんでしたが、そこまで望むのは贅沢というもの。

次は紅白関係なく、有頂天(今野宏美さん・白石稔)

 曲目:有頂天がとまらない・曖昧ネットだーりん

なぜかヤッターマンコスで。
ばっちりハマってたのは言うまでもないですが、なぜ??
誰も何もツッコまないし、会場からもそういう関連の声は飛ばなかったし。
あれだけは意味不明でしたねー…本人たちも何も言わないしっ。

次も紅白は関係ありません。

泉こなた・柊かがみ・柊つかさ

 (平野綾さん・加藤英美里さん・福原香織さん)


 曲目:かえして!ニーソックス

何と本編中でこなたたちが来ていたチアコスチュームで3人が登場っ!
これには一瞬どよめきが走り、数瞬遅れて大歓声が上がりました。
正直いって、まさかあれほど似合うとは…もう何と言ってよいやら。

これまでにない盛り上がりを見せる中、終盤で動きが発生。
興奮冷めやらぬ中、今度は陵桜の生徒全員がチアコスで登場!!
素晴らしい事に不似合いな人が一人もいないという、とんでもなく美しい光景でした。
黄色いポンポンも持っており、曲終了と同時に3人にもポンポンが渡され。
いよいよのラストは、最高潮の盛り上がりを持って迎えられました。

曲目:もってけ!セーラーふく

この時ほど、このイベントに来られて良かったと思った事はありません。
まさか生であのダンスを見られるなどとはっ…みんな息がピッタリで、動きも文句なし!
かなりの練習量をこなしたとの事でしたが、実に納得のいく話です。
俄仕込みではとてもあの完成度は得られないでしょうから。

終了後、とうとう紅白の勝敗結果の発表。
とはいえ、観客が一人一人紅白どちらかを向けてうちわを掲げるだけ。
(入場時にもらったものです)
野鳥の会の人も投票制度も無いので、単なる目視と憶測。
白石の「なんとなく」で白の方が多いように思えたという事で、白の勝ちということに。
まあ実際、勝ち負けで何かがあるわけじゃないので、大した問題にはならず。
そんなわけで、大歓声と拍手喝采の中、ひとまず幕となったのでした。

10分…いや、15分ほどかな?
長い長いアンコールの叫びの後、ラストステージの開幕。
20分近くもかけて、組曲「らき☆すた動画」が流れました。
みなさん自分のパートのところで颯爽と登場し、終了と同時に去っていきます。
いつもよりテンポが速いせいか、ちょっと追いつけてない方もいたようですが。
そこはまあ、ご愛敬。
それよりもみゆきさんのパートで、高良みのきが湧いたのには驚きました。
まあ要するに女装白石なんですが…少なくとも後ろ姿はマシ。本人も言ってたように。

今度こそ本当に全プログラムが終了し、カーテンコールの挨拶。
この時点で残っていた出演者全員(ゲスト含む)がステージに登場し、改めて一人一人紹介。
なぜかあきら様が担当の半分以上で噛んでしまうという失態を見せ、ちょっと焦ってました。
まあ白石も皆無ではなかったですけど。
最後の挨拶とともに会場中に拍手が響き渡り、出演者たちが去って。
会場退出に伴う注意事項をくじらさんが読み上げ、お開きと相成りました。
その後、会場の全員で柏手を打ち締めるのはいつもの事ですね。

…この後、混んでいた事もあって中々メトロの駅まで辿り着けず。
危うく夜行バスに乗り遅れるところでした、全力で走ってどうにかギリギリ。
まあ間に合ったからいいですけど。

ふぅーーーー…こうして書いてみると、本当に色々な事がありました。
そして本当に楽しかった、冒頭にも書いたけど、こんな充足感はあの時以来。
後で絶対にライブDVDが出るはずだから、必ず買おう。
アリーナからだから、ステージサイドとはまた違った見方ができるはずだし。
特にあの実写版チアダンスは、永久保存版にしたいっ。
 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
06 2018/07 08
S M T W T F S
20
23 24 25 26 27 28
29 30 31
* 忍者ポイント *
「しなこいっ」紹介ページ TVアニメ「ハイスクール・フリート」公式サイト のんのんびより TVアニメ「ミス・モノクローム -The Animation-」2013年10月よりTVアニメ放送中! TVアニメ「Charlotte(シャーロット)」公式サイト 世界征服~謀略のズヴィズダー~ キルラキル ビビッドレッド・オペレーション 「まおゆう魔王勇者」TVアニメ公式サイト ソードアート・オンライン テレビアニメ「イクシオン サーガ DT」スペシャルサイト 境界線上のホライゾンII TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト 輪廻のラグランジェ 応援バナー 君と僕。 境界線上のホライゾン TVアニメ『シュタインズ・ゲート』 TVアニメーション「青の祓魔師」公式サイト 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 「四畳半神話大系」公式サイト うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」 オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト
* 最新コメント *
[12/31 ピッコロ]
[09/17 ピッコロ]
[06/28 ピッコロ]
[06/20 ピッコロ]
[02/01 ピッコロ]
[01/24 花月(かづき)]
[01/23 花月(かづき)]
* 最新トラックバック *
* プロフィール *
HN:
青氷
年齢:
38
HP:
性別:
男性
誕生日:
1979/11/25
職業:
契約社員
趣味:
アニメ観賞・読書(主にコミック・ラノベ)
自己紹介:
高校2年辺りでアニメ等の魅力に取りつかれ、以来マニアックな活動中。
知り合った一般人に自己紹介すると大抵オタクだと言われるも、自分ではマニア止まりと思ってます。
なぜかというと、好きな作品でも事細かに熱く語るとか無理なもので。
製作スタッフとか声優さんとか、そうそう詳しく覚えてないのですよ。
それこそ二次元だとそういうオタクが割と多いけど、あんなの自分にはできません。
* バーコード *
* ブログ内検索 *
* カウンター *
<<  <  *  NEW *  BLOG TOP *  OLD *    >  >>
Copyright©  青氷
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]